みだれどく斬りの毒確率は?/もうどくの息と比較【ドラクエタクト】

ドラクエタクト

2月18日のメンテナンスにて下記の不具合修正がありました。

少しわかりづらいので簡単に言うと「毒の付与確率が想定より低く設定されていたので、確率を上げました」という内容です。

そうなると次の疑問が生まれます。

「修正前後で確率はどれくらい変わったのか?」

「4回攻撃するので、毒の付与確率はどれくらいになるのか?」

「猛毒にできる確率は?」

 

本記事では、検証結果をもとに上記の疑問に答えます。

また、猛毒にする場合は もうどくの息 と みだれどく斬り どちらが良いのかも解説しますので、毒攻略をする際の参考にしていただければ幸いです。

毒の付与確率は94%

耐性が等倍の相手に みだれどく斬り を使って検証したところ、毒または猛毒にできた確率は94%でした。

毒または猛毒になった確率
半減 72%
等倍 94%

不具合修正前は等倍に対して73%でしたので、確率が20%近く上がっています。

とくぎ説明に ときどき と記載されている場合、発動確率は40%程度と言われています。

みだれどく斬り は4回攻撃なので、毒の判定も4回行われるため、高い確率で毒を付与することができます。

仮に毒付与の確率が40%として、4回のうち1回でも発動する確率を計算で求めると、87%となります。

よって、今回の検証結果が若干上振れたか、みだれどく斬り の毒付与確率が40%より少し高いのだと考えられます。

毒の付与確率が全とくぎ中で最も高い

どくの息 の毒付与確率は約40%で、とくぎ強化によって最大60%まで上げることができます。

一方、みだれどく斬りは、その1.5倍ほどの確率で毒を付与できます。

射程距離や消費MPなどの違いはありますが、純粋に毒を付与できる確率だけで言えば みだれどく斬り が最高であると言えます。

【DQタクト】どくの息の成功確率は?/1000回撃って調査
とくぎ詳細に「ときどき」と記載されているものは発動確率が50%程度と言われていますが、実際に"どくの息"を1000回使って調査しました。また、耐性やとくぎ強化で確率がどのように変化も合わせて調べました。

猛毒の付与確率

どく状態の敵に、再度どくを付与すると猛毒状態になります。

みだれどく斬り は毒の付与判定が4回ありますので、一度のとくぎ使用で猛毒にできる場合もあります。

今回の検証では、等倍相手に52%、半減相手に15%の確率で猛毒を付与することができました。

こちらも理論値では等倍相手に52%、半減相手に18%となりますので、検証結果と大きくズレは無さそうです。

長期戦では もうどくの息より高確率に

もうどくの息 の付与確率はとくぎ強化を最大まで行った場合で約60%です。

よって、単発での猛毒付与確率は もうどくの息 の方が高いです。

しかし、前述のとおり、毒は重ねがけすることで猛毒にできます。

そこで今回は、もうどくの息 と みだれどく斬り をそれぞれ5回使用する中で猛毒にできる確率を比較しました。

以下は みだれどく斬り の毒付与確率を40%、もうどくの息 の付与確率を60%として計算した理論値です。

なお、毒戦術を使用するケースを想定し、敵の耐性は半減として計算します。(耐性無効をヘルクラッシャーのリーダー特性で半減にすることを想定)

1回 2回 3回 4回 5回
猛毒の息 30% 51% 65% 76% 83%
乱れ毒斬り 18% 34% 63% 80% 90%

とくぎを使う回数が4回を超えたところを境に みだれどく斬り の確率が上回ります。

よって、とくぎを使用するチャンスが多い長期戦の場合、みだれどく斬り の方が確率的に優れています。

まとめ

みだれどく斬りについては、不具合修正前にも検証しており、その際は確率が低かったこともあり、もうどくの息 の方が優れていると結論づけました。

【DQタクト】みだれどく斬り VS もうどくの息/確率が高いのはどっち?
今回はヘルクラッシャーの固有とくぎである"みだれどく斬り"で猛毒を付与できる確率について調査しました。

しかし、今回の結果から、とくぎを使用する回数が増えると みだれどく斬り の方が確率が高くなることが分かりました。

猛毒は最大HPの1/4のダメージを毎ターン与えられ、効果は5ターン続くので、基本的に猛毒にできれば敵を倒すことができます。

よって、とくぎを4回以上使えるチャンスがあるステージでは、みだれどく斬り を試してみるのも良いかも知れません。

 

今回は以上となります。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

他にも様々な検証、考察記事を書いておりますので、よろしければそちらもご覧ください。

また、Twitterでも情報を発信しております。

タイトルとURLをコピーしました