水のリング 誰に使う?/ビアンカ、フローラ、デボラの性能を比較【ドラクエタクト】

ドラクエタクト

「水のリングを誰に使おう?」そんな悩みをお持ちの方に、おすすめのキャラについて解説します。

DQVイベントでは、”水のリング”と交換することでビアンカ、フローラ、デボラのうち1人を仲間にできます。

無償でSキャラがもらえるのが嬉しい一方で

「どのキャラが一番強いのか」

「後悔したく無いので周りの意見を見てから決めよう」

と考えている方も多いのでは無いでしょうか?

今回は、そんな方に向けて、各キャラの性能比較や特徴を紹介していきます。

「もう嫁は決めているんだ!」

という方にも、各キャラがどのコンテンツで活躍するか、覚醒は必要か、といった事にも触れていますので、参考にしていただけたら幸いです。

各キャラの特徴

ビアンカ

単体と範囲、2種類のデイン系とくぎが使える物理アタッカーです。味方1体のこうげき力を2段階あげるバイキルトも使えます。

必殺技は???系に単体大ダメージを与える無属性の物理攻撃です。

覚醒で移動力が3になります。

フローラ

眠り効果つきのバギクロス、イオ版のれんごく魔弾が使える呪文アタッカーです。ベホイミの上位とくぎであるベホイムも使えます。

必殺技は射程3、範囲9マスの広範囲にイオ属性の呪文大ダメージを与えます。

覚醒で呪文のコツを覚えます。

デボラ

2種類のギラ系範囲とくぎが使える物理アタッカーです。単体無属性とくぎも使えます。

必殺技はHPを回復、被ダメージカット、移動力と攻撃2段階アップの自己強化です。

覚醒で移動力が3になります。

ユニークな属性耐性

3キャラとも既存キャラには無い組み合わせの属性耐性を持っています。また、3キャラともメラに耐性があります。

耐性
ビアンカ メラ、ヒャド
フローラ メラ、バギ
デボラ メラ、デイン

状態異常耐性が優秀

マヒ、眠り、混乱、休みなど厄介な状態異常に無効と半減を1つずつ持っています。

半減 無効
ビアンカ マヒ 眠り
フローラ 眠り マヒ
デボラ 混乱 休み

無課金ならフローラがおすすめ

ビアンカとデボラは覚醒して移動力+1をつけて、はじめて真価を発揮します。逆にいうと無覚醒で移動力2の状態では活躍は難しいでしょう。

この点は既存の移動力2の物理キャラが活躍していない点からも明らかだと思います。

一方、フローラは覚醒することで”呪文のコツ”により、とくぎの威力は上がるものの、出来ることは無覚醒と差がありません。

無課金の場合、ガチャが引ける回数に限りがあるため、覚醒できるかが運に大きく左右されます。よって、無覚醒でも活躍が見込めるフローラをおすすめします。

各キャラが活躍するコンテンツ

ビアンカは高難易度クエストで活躍

1月8日にDQVボスバトル、1月16日にDQVスペシャルバトルが追加されることが既に告知されています。また、プロモーションムービーにて、ミルドラースが登場することも判明しています。

上記からミルドラースと戦う高難易度クエストが実装されることが予想され、???系に大ダメージを与えることができるビアンカの活躍が期待されます。

また、高難易度クエストでは、味方を強化する補助とくぎが有効なケースが多く、バイキルトも活躍しそうです。

DQV以降のイベントでも、高難易度のクエストに魔王や英雄といった???系が登場することは容易に想像できるため、今後も活躍してくれるでしょう。

ブオーン戦ではデボラが活躍

今回イベントで戦うブオーンはイオとギラが弱点です。また、攻撃の当たり判定が3マスあり、範囲攻撃なら最大で3倍(3マス分)のダメージを与えることができます。

デボラは自身の周囲8マスにギラ属性攻撃が可能なため、効率的にダメージを与えることができます。

フローラも必殺技で範囲にイオダメージを与えられますが、こちらは使用できるのが4ターン目以降かつ1回しか使えないため、デボラの方が適性があると言えます。

フローラは汎用性が高い

ビアンカとデボラが1つの属性とくぎしか持っていないのに対して、フローラはイオ、バギ2属性のAランクとくぎを使えます。

イオとバギ両方に耐性のあるキャラは現状、アリーナとジャミだけです。つまり、ほとんどの敵に対して等倍以上のダメージを与えることができます。

また、ドルマとヒャドのAランクとくぎが使えるリーズレットが”ぶっ壊れ”と評価されていることからも、2属性のランクAとくぎが使えることが如何に優秀かお分かりいただけると思います。

先に述べたように無覚醒でも十分使える点も踏まえて、汎用性の高いキャラだと言えます。

闘技場での活躍は厳しい

3キャラとも、さらに言えば英雄キャラ自体が闘技場にはあまり向いていません。

必殺技に使用ターン制限がある

必殺技は戦闘開始から一定ターンが経過しないと使用できません。また、ほとんどの必殺技は使用するまでに3ターン以上必要です。

闘技場で多くの戦績ptを獲得するには、短いターンで勝利して、ターンボーナスを獲得する必要があります。さらに、ランキング上位を目指す場合には、2ターン以内の勝利が求められます。

よって、3ターン目以降にしか使えない必殺技の価値は非常に下がります。

なお、デボラに関しては必殺技を2ターン目に使用できますが、自己強化ゆえ、実質効果が得られるのは3ターン目となります。

ウェイトが高い

通常のSキャラがウェイト50なのに対して、ビアンカ、フローラ、デボラは65と高く、デスピサロやゾーマ、竜王と同じです。

必殺技なしで考えた場合の性能ではどうしてもウェイト65は割高に感じてしまいますし、過去の闘技場の結果を見ても、上位プレイヤーが英雄を使っているケースは、ほぼありません。

ただし、これはウェイト制限を前提とした評価であり、単純な性能だけで言えばウェイト50のキャラより優れているため、ウェイト上限が無いような大会では活躍の可能性を秘めています。

まとめ

記事内でも述べたように、ある程度の課金ができる方以外は水のリングをフローラと交換することをおすすめします。

とはいえ、やっぱりビアンカやデボラが好きで使いたい、という方もいらっしゃると思います。

そんな方は、水のリングを使うのは一旦保留にして、イベント期間中にデボラかビアンカをガチャで引けたら、同じキャラを交換して覚醒させ、引けなかったらフローラに交換するといった方法もあると思います。

イベント期間中に活躍させることはできなくなりますが、どうしても後悔したくない といった場合は選択肢に含めてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました