【DQタクト】みだれどく斬り VS もうどくの息/確率が高いのはどっち?

ドラクエタクト

今回はヘルクラッシャーの固有とくぎである”みだれどく斬り”で猛毒を付与できる確率について調査しました。

高難易度クエストの攻略でしばしば活用される猛毒戦術において、敵の毒耐性を下げるリーダー特性を持ち、とくぎで猛毒を付与することができるヘルクラッシャーとバブルキングは欠かせないモンスターとなっています。

リーダー特性が強力なヘルクラッシャーをリーダーにして、”もうどくの息”が使えるバブルキングをメンバーにいれるのが一般的な編成かと思いますが、ヘルクラッシャーの覚える”みだれどく斬り”の猛毒付与確率が”もうどくの息”より高いなら、バブルキングを編成しなくても良くなります。

そこで、”みだれどく斬り”の猛毒付与確率について調査をしました。

みだれどく斬りの性能

敵1体に物理ダメージを4回与えて、ときどき毒にするとくぎです毒状態の敵にさらに毒を付与すると猛毒状態になります。”みだれどく斬り”には4回の攻撃それぞれに毒判定があるため、2回以上毒の付与に成功すれば敵を猛毒にすることができます。

なお、とくぎ強化では毒の確率は上昇せず、物理ダメージの威力のみ上昇します。

ときどき毒にできる確率

どくの息で「ときどき」毒にできる確率は40%であることが過去の調査で分かっています。もうどくの息についても同様に40%の確率で猛毒状態にすることができます。

みだれどく斬りを200回使ってみた

とくぎ説明に「ときどき毒にする」と記載があるため、40%の確率で毒状態にできると仮定した場合、”みだれどく斬り”で1回以上毒を付与する(毒か猛毒のいずれかになる)確率は87%、2回以上毒を付与する(猛毒になる)確率は52%となります。

そして、実際の結果が以下になります。

毒か猛毒になる 72.5% (145/200)
猛毒になる 28.5% (57/200)

想定した確率よりも低かった

考えられる理由としては、みだれどく斬りの「ときどき毒にする」は40%よりも低いということです。

毒の付与確率を調整して4回攻撃で毒、猛毒になる確率を試算したのが以下になります。

35% 30% 25% 20%
毒か猛毒になる 82.1% 76.0% 68.4% 59.0%
猛毒になる 43.7% 34.8% 26.2% 18.1%

30%と25%が実際の結果に近い数値になっています。

よって、みだれどく斬りの「ときどき毒にする」確率は25〜30%である可能性が高いです。

まとめ

以上の結果から、”みだれどく斬り”で猛毒を付与できる確率は26.2〜34.8%と、”もうどくの息”の40%(とくぎ強化した場合は60%)を大きく下回ることがわかりました。よって、猛毒戦術の際はバブルキングを編成した方が安定しそうです。

また、今回の調査で、とくぎ毎に「ときどき」の発動確率が異なる可能性がでてきました。こちらについても今後調査をしてみようと思います。

 

今回は以上です。最後までお付き合い頂きありがとうございました。

メダパニで混乱にできる確率は約60%/状態異常の成功率【ドラクエタクト】
状態異常の成功確率はどれくらいか? 本記事では、メダパニを使って「ときどき」の確率を検証しました。 状態異常について理解を深めたい方は必見です。
タイトルとURLをコピーしました