【DQタクト】どくの息の成功確率は?/1000回撃って調査

  • LINEで送る

とくぎ詳細に「ときどき」と記載されているものは発動確率が50%程度と言われていますが、実際に”どくの息”を1000回使って調査しました。また、耐性やとくぎ強化で確率がどのように変化も合わせて調べました。

様々な条件で”どくの息”を使用した結果が以下になります。

どくの息 どくの息+10
等倍 41% (82/200) 59.5% (119/200)
半減 29% (58/200)
激減 15% (30/200)
超弱点 81.5% (163/200)

未強化で約40%、+10で約60%

  • 耐性が等倍の敵に”どくの息”を200回使用したところ毒になった確率は41%(約40%)
  • +10まで強化した場合は59.5%(約60%)
    • とくぎ説明通り+1毎に確率が2%上がった

耐性による確率の変化

  • 超弱点には確率が2倍になる
  • 半減には確率が1/2になる
  • 激減には確率が1/4になる

とくぎ強化は+5以上を推奨

とくぎを+1する毎に状態異常の付与確率が2%増えていきます。よって、+5まで強化すると耐性が等倍の敵に対して50%の確率で状態異常が入るようになり、超弱点に対しては100%となります。

リーダー特性による耐性変化

ヘルクラッシャーとバブルキングはリーダー特性で敵の毒耐性を下げることができます。毒無効の敵の耐性をそれぞれ激減、半減まで下げ、本来毒が効かない敵に毒を入れることができます。毒は行動終了時に最大HPの1/8、猛毒は1/4のダメージを与えることができ、HPの高いボスには非常に有効な戦術となります。

元々の耐性 バブルキングのL特性発動後 ヘルクラッシャーのL特性発動後
無効 激減 半減
半減 軽減 等倍
等倍 弱点 大弱点

 

【DQタクト】みだれどく斬り VS もうどくの息/確率が高いのはどっち?

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。